アンジェイ・ワイダ (ポーランド)

Andrzej Wajda (アンジェイ・ワイダ)

Andrzej Wajda [1926-]

地下水道/ アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda  ポーランドが誇る世界的名匠。

軍人を父に持ち、10代で対ドイツ・レジスタンス運動に参加。自らの意思を映像化し、ナチ占領下のワルシャワを舞台にレジスタンス運動に命を捧げる若者を描いた「世代」を撮り、28歳の若さで監督デビューを果たす。2年後に「地下水道」、その2年後に「灰とダイヤモンド」と『抵抗3部作』を送り出し、世界にその名を轟かせたアンジェイ・ワイダ。

モノクロームに描き出される『抵抗』映像は非常なほどのドキュメント・タッチであり、そのリアリティに圧倒される。いずれも戦時下の青春群像劇としても一級品であり、「灰とダイヤモンド 」において主人公ズビグニェフ・チブルスキーが銃弾に倒れる姿は、他のどんな青春映画より格好よく、他のどんな戦争映画より残酷である。また、「世代」には、後に大監督となるロマン・ポランスキーがあどけないルックスで登場して楽しませる。

抵抗と映画の結晶はワイダの青春そのものであり、その後も、スターリン時代の暗部を描いた「大理石の男」などの大傑作を生み出していく。
灰とダイヤモンド/アンジェイ・ワイダ ポーランドの連帯運動に参加したとして自国の映画界を追われた後も、フランスに渡り、名優ジェラール・ドバルデューを傭してフランス革命の志士「ダントン」を撮るなど血気盛ん。

07年、実に81歳の「若さ」で、自身の父親が虐殺された事件を題材にした「カティンの森」を撮っている。テーマ性と自身の年齢から、おそらくこれを遺作にする計画であろうが、最後まで頑として商業主義に走らない潔さは、その作風とともに格好よすぎる。

抵抗に始まり、抵抗に終わるワイダのレジスタンス人生に映像でつき合うことは、決して時間の無駄ではない。
 アンジェイ・ワイダ 世代 [DVD] アンジェイ・ワイダ 灰とダイヤモンド [DVD] アンジェイ・ワイダ 夜の終りに [DVD]すべて売り物 [DVD]約束の土地 [DVD]大理石の男 [DVD]

【制作年と作品名】 【北野採点】
54 世代 ★★★★★★★★★★
56 地下水道 ★★★★★★★★★★
57 灰とダイヤモンド ★★★★★★★★★
61 夜の終わりに ★★★★★★★★★★
62 二十歳の恋(第5話) ★★★★★★★★★★
65 灰 ★★★★★★★★★★
68 すべて売り物 ★★★★★★★★★★
69 蝿取り紙 ★★★★★★★★★★
70 戦いのあとの風景 ★★★★★★★★★★
70 白樺の林 ★★★★★★★★★★
74 約束の土地 ★★★★★★★★★★
76 死の教室 ★★★★★★★★★★
77 大理石の男 ★★★★★★★★★
78 麻酔なし ★★★★★★★★★★
80 ザ・コンダクター ★★★★★★★★★★
80 鉄の男 ★★★★★★★★★★
82 ダントン ★★★★★★★★★★
83 ドイツの恋 ★★★★★★★★★★
86 愛の記録 ★★★★★★★★★★
88 パリ・ストーリー(第3話) ★★★★★★★★★★
88 悪霊 ★★★★★★★★★★
90 コルチャック先生 ★★★★★★★★★
92 鷲の指輪 ★★★★★★★★★★
94 ナスターシャ ★★★★★★★★★★
95 聖週間 ★★★★★★★★★★
99 パン・タデウシュ物語 ★★★★★★★★★
07 カティンの森 ★★★★★★★★★
12 菖蒲 ★★★★★★★★★★
13 ワレサ/連帯の男 ★★★★★★★★★★

鉄の男 [DVD]ダントン [DVD]悪霊 [DVD]コルチャック先生 [DVD]カティンの森 [DVD]菖蒲 Andrzej Wajda [DVD]