競馬コラムニストの競馬コラム(年別)

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/08/23


 北京五輪も佳境に入ったところで、今回は中国で人気のカジノゲーム「大小」必勝法。

 サイコロ3つの出た目合計が、9以下なら「小」、それ以上なら「大」。地元の人はオッズ2倍なら勝負と思っているらしく、どちらかにドカッと張る。

 そんなアホな賭けをしないボクは、マカオの大小で別の勝負に出た。3つの目をズバリ当てれば30倍、そこへ「446」などゾロ目が混じれば50倍である。ところがチンチロリンの感覚から、ゾロ目が混じることはよくある。よって、張るのは50倍の個所だけでよい。

 ボクが116を当てて大儲けした時、446、556と来て、直前が446であった。4と5と6(「大」ばっかり)が連発している時、116には誰も張らない。しかし、実は6のサイコロは跳ねるだけで転がっておらず、ゾロ目を示す残りの2個が同じ回転をしていると読めば、116は十分ある(転がる時はフタで隠されている)。

 アテモノではないのだ。競馬と違って。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/08/16

 世間は北京で盛り上がっているが、お構いなしに先週に続きマカオのドッグレース話。オススメの理由は、勝てるからである(死ぬまで食いっぱぐれないかも。そんな生活もイマイチだけど)。勝つためには3連単だ。狗師(調教師)が10人しかいないことからレースでは必然的に2頭出しが多くなる。勝負懸かりであり、人気に関係なく、その2頭は買いだ。

 インに水溜まりがない限り1枠有利で、そこへ人気サイドの狗(いぬ)を加えての4頭BOX。6頭立てで24/120を押さえると日本の競馬では儲からんが、あちゃらでは異様につくのだ。因みにパドックもあるが、狗を見ても分からない。

 レープロには正・副印(本命・対抗の意)が打たれており、いい目安になる。グアム島でもそうだったが、主催者発行の出馬表に印が入っているあたりがローカル臭漂っていて最高である。JRAもハンデキャッパーがレープロに印を打ち、競馬新聞と対決してもらいたいものだ。

無題

[最終更新日]2008/08/09


 週末からずっとマカオにいた。カジノ&ドッグレースの旅打ち。死ぬほど打った。

 ドッグレースはナイターで15分おきに18クラあり、地元ではテレビ中継もやっている。全クラ6頭立てで、狗(いぬ)名は「幸福」など漢字2文字から「灰色領域(グレーゾーン)」など4文字まで。馬と同じように冠号もある。

 最終レースで3連単を当てたとき、事件発生。機械の故障で払い戻しが不能になったのだ。初めてだとか。日本の競馬でもボクが穴を当てたときは審議になるが、中国では機械まで壊すんかいっ。そんなにボクに払い戻すの嫌か?中国だけに暴動になるかと怖かったが、明日払い戻すという説明で騒ぎは収束。ボクも旅行2日目なのでよかったが、明日も来なあかんのかいとガックリだ。ところが次の日、払い戻しついでに買った3連単192倍が的中。災い転じてボロもうけの大プラス。また最終まで打ち続けた。来週はドッグレースの必勝法を(何のコラムやねん)。

無題

[最終更新日]2008/08/02


 先週の日曜は事務所の女の子と2人でフリーマーケットに出店した。アホほどある往年の洋画ビデオコレクションを自分のホームページで細々と売っているがサッパリなので、ついにフリマに進出したのだ。

 朝の早よから店出したのに、客足低調の閑古鳥。そら誰も出てきませんわな、暑いし。

 それでも彼女のほうはおもちゃのコレクションを並べよって、売り上げそこそこ。ボクのコーナーはフェリーニにパゾリーニにトリュフォーに・・・マニアなら垂涎モノの貴重なビデオを並べたのにそのマニアが来ず、売れたのはわずか9本。最後は入院中でヒマだというジイさんに500円のビデオを100円に値切られて閉店である。

 8時間で売り上げ1万3000円也。ショバ代が2000円に駐車代が1000円。ヒマなので途中で馬券を買いに行って負けが2万円。

 汗ビトビトで一日頑張り、報酬がマイナス1万円である。何をやっとんねん、ワシは!

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/07/26

2008/07/26

 今年も子馬のセレクトセールが行われて億単位の馬が何頭も売買されたが、過去に億を超えた馬で走ったのはほんのひと握りだ。馬主の多くは買い物がヘタクソである。

 走らない馬なんて母馬別の産駒履歴を見れば一目瞭然なのだ。
 高齢の母が出産した子馬、現役時代が長かった母の子、突発的に激走した馬の弟や妹、インブリードのきつい子、母系と種牡馬の距離適性が真逆の子・・・。その他いろいろあるが、これらに該当する子馬は走らないか、体質が弱くて遅れる。統計から学ぶべきである。外見や血統などから評判がよくても、体質が悪ければ話にならないのだ。

 最近はセリのエージェントも多いが、彼らもよく間違っている。買い物のヘタな人には、一度現地へ行って、「その馬、やめときなはれ」と声をかけたいほどである。

 上場資料でお買い得の馬を見つけても、買えないところがツライのだ。馬どころか馬券を買う金もない現状が実にツライのである。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/07/19


 うちで事務をしている女の子は、実にスリムな子である。毎晩、腹筋を50回やらないと眠れないんだそうだ。スリムな人は絶対に陰で努力していて、自分を甘やかしている人は許せないと言う。

 何だかその言葉がズシンと響いて、毎晩、腹筋と腕立てを20回ずつやり、サウナスーツを着込んで1万歩(約7.5キロ)を一気に歩くという荒行を続行中である。

 この格好で繁華街を歩くと危ない奴と思われるので川沿いの道などを歩くのだが、カーSEX中のカップルの何と多いことか。横を素通りするのも何だか腹立つし、かといってのぞくともっと腹立つし、ともかく腹立つのである。こっとは必死で腹筋して汗かいているのに、やつらはそんなことで腹筋して汗かいてやがるのかと思うと本当にムカつくのだ。

 しかし、効果が上がっているのでやめられん。これで3連単の全レース発売さえ始まらなければ心身ともに健康になれるのに、それは一生無理である。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/07/12

2008/07/12

 ダイエット中につき日曜はウインズ梅田まで歩いていったら(家から4000歩)、B館が改装工事で閉鎖だと。で、混雑防止のため福島と函館はメーンレースしか売らないと言う。何をすんねんなほんま、混雑なんていつものことなのに。

 この日は福島の9Rと12Rが勝負で、馬単と3連単をマークシートにガッツリ塗って家を出たというのに。銀行の金は先週でハコテンだし、難波か道頓堀に移動しようかとも悩んだが、この汗ダクダクのTシャツ短パン姿では電車に乗れない。

 仕方なく阪神を買ったら玉砕。で、馬券をあきらめた福島が、だ。何と2鞍とも本線的中。こんなことめったにないのに、よりによってだ。工事さえなければ、あのカードをそのまま突っ込んでウン十万よ。こんなアホな話がありますかい?

 同じ目に遭った人が山ほどいると思うので、代表して吠えます。制度を元に戻せ!戻したら戻したでまた負けが倍になるかもしれんが、それはほっといて。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/07/05

2008/07/05

 一大事である。何が一大事かって、3連単だ。今月の19日から試験的に全レースで発売し、問題なければそのまま完全導入の運びになるらしいのだ。

 問題ありすぎます。「地獄の沙汰も3連単」とは、馬連などで地獄に落ちるほど負けが込んでも、3連単で一気に取り返せますよと教えてくれていることわざなのである。朝から地獄に落としてどうするのだ?誰よ、全レース導入の要望出した人。時代の流れ?関係ないっちゅうの。

 3連単とは、予想が当たったのに資金の関係で見送ったレースが爆裂配当になった時、死ぬほど落ち込む馬券である。そこで、落ち込み予防に何にでも手を出すことになり、それが結果として大ケガを負わせる要因になるという恐怖の馬券だ。

 3場開催12鞍だけでもこの病気を発症する人間に、全レース売るなんてひどすぎる。麻薬をやめようと悶絶する人に麻薬を打つような仕打ちである。もう来週からタイトル変更だ。「灼熱地獄だ3連単」。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/06/28

2008/06/28

 木曜日はMBSラジオの「ケイバース・ナイター 宝塚記念前々々夜祭スペシャル」という3時間特番にゲストとして呼んでもらった。民放では中継以外に競馬番組を放送するのは難しい。プロデューサーのY君は馬券も勝負強いが、よくもこんな大型企画を通したもんだと思う。見事である。

 宝塚記念の思い出を語るのが競馬講談師・太平洋とボクのコーナー。リスナーのリクエストに応えて実況テープが流れた後にトークするのだが、この2人は過去30年分の宝塚記念が脳内アーカイブにインプットされている。ステイゴールドの穴馬ぶり、イクノディクタスの鉄の強さ、ライスシャワーの悲劇・・・。何でも来いでしゃべりまくり。かなり痛い2人である。

 2人が静かになったのは「馬券でいい目をした宝塚記念は?」の質問が出た時。うるさい馬好きを黙らせるには、この質問が実に効果的なのだ。ホントに悔しいのである。今年こそ見とけ。

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/06/21

2008/06/21

 先週末は箕面の温泉宿に仲間11人で泊まった。仕事の都合などでバラバラに集まり、食事は夜の8時から。温泉に入ったりして大部屋集合は10時。そこから会議だ。POGのドラフト会議である(旅館がでかいホワイトボードを和室に用意してくれてたのには笑った)。

 いつも最終電車を心配しながらの会議がせわしないので、今年は旅館でゆっくりやろうと決めたのだ。決めたはいいが、スタートが10時て。

 一喜一憂し、全指名終了が2時。そこから反省&指名馬の情報交換が始まり、3時半である。続いてCBC賞の共同馬券を検討し、3連単336点の買い目が決定したのが5時。皆で布団を敷き(会議のため旅館に布団敷きを断っていた)、各自で他のレースを検討、全行程終了は朝の6時である。地獄の競馬合宿。朝方に滝までウォーキングするという当初の計画は、全員一致で流れた。

 P.S. 昼寝中にスタートしたCBC賞は、2着抜けでハズレ。アホとしか言いようがない。