競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

2010/4/10

[最終更新日]2010/04/10

 老人新党が「たちあがれ日本」になりそうだ。まだ間に合うし、考え直してほしい。

 石原知事の命名とはセンスを疑う。また、作家が発案したからとすんなり受け容れてしまう与謝野さんの気が知れん。偉大な歌人で言葉の達人であった鉄幹・晶子夫妻の孫として意地があるはずだ。対案を出せ。

 そもそも日本をここまで沈没させたのは、あなた方である。なのに「たちあがれ」とはおこがましい。新党メンバーが国民目線に立てないことを証明しているような命名であり、名は必ず体を表す。安易である。

 KTVの競馬中継が今年から「競馬beat」に変わった。プロデューサーとは親しく、実は昨秋に極秘でネーミングを相談されて20ほど案を出したが、見事落選。四半世紀近くこの商売をやってきて、ボクの番組タイトルが採用されたのは、ほんの5つである。それでも多いほうだ。

 コラム名のヒット作は「地獄の沙汰も3連単」である。予想のヒットとは、また別の話だ。