競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2006

[最終更新日]2006/06/10

2006/06/10

 村上氏が逮捕され、世の中に平和が戻った。最後の会見にはあきれた。まだ何も分かっていないのだ。苦労を知らないため、他人の痛みを分かる回路がないのである。

 「企業価値を高めた」とはとんだ詭弁。余計なお世話だ。己の利益のために相手をゆすり続けただけである。どの企業も、大事な従業員とその家族を守るため要求を呑み、スーツを着たならず者に泣く泣く利益を差し出したのだ。

 先に逮捕された小太りにも言いたいが、会社が株主のためになどあるわけがない。株主は、高値で売り抜けたら会社に何の未練もなく、投機と言うから聞こえはいいが、株とは、研究や予想こそするものの、結局は働かずに金を得る手段にほかならない。

 予想して「券」を買う。株と競馬は同じである。それを日本語では「博打」と言う。会社が、通りすがりのバクチ内のためになどあるわけがなかろう。

 彼は世間の怒りを、自分が儲けすぎたことへの嫉妬ととらえている。誰がじゃ。思い上がるな。ま、それもちょっとはあるけれど。