競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2006

[最終更新日]2006/04/02

2006/04/02

 今週はロト6のキャリーオーバー額が膨らみ、当選金が4億円だったので仲間と共同買いした。200点張りしたが、カスリもせん。

 ムカッ腹が立つのは、先日、韓国で強盗が当選したことだ。カフェで従業員に暴行して2万4000円を奪ったチンケな野郎に、1億6800万円当たったのである。

 男はそのまま逃亡生活に入り、当選金で家や外車を買い、女を囲って店を経営し、最後に逮捕された。

 ここで考察すべき重大な問題がある。博打とは、悪人が儲けるということだ。

 考えてもみてほしい。悪人は桁違いに決断力に秀でているのだ。だから、迷わず悪事を働くことができるわけである。その点、善人は決断できずに思いとどまる。だから善人なのだ。

 つまり、「決断」が求められる博打とは、そもそも悪人のために設(しつら)えられた遊戯なのである。なのに善人は、決断力の乏しさから、そこから足を洗えない。

 中途半端な善人からさっさと脱却して、競馬で勝と。