競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2006

[最終更新日]2006/01/08

2006/01/08

今年のJRAのCMで中居クンが、「競馬でうれしいのが、いちばんうれしい」と言っていた。このパターンは、「私は、なりたい人になりたい」とかいろいろあって、コピーの古典的手法である。いっそのこと「競馬で悲しいのが、いちばん悲しい」にしてくれれば、共感もできるんだけど。

 もう一つ、「競馬が教えてくれたこと」というのが今年のメーンキャッチのようである。こっちはいいフレーズだ。

 試練、我慢、忍耐、辛抱、気力、根気、断念、観念、投降、没落…。競馬が教えてくれたことは腐るほどある。何と言っても最大の収穫は、ちょっとやそっとのことでは怒らなくなったことだ。

 威張り散らしたとこでナンボのもんじゃい。世の中には押しても引いても叩いても、どないもならんことがあるのだ。これはマジで、素晴らしい人生の教訓である。

 とてつもない大金で得た教訓だけど。