競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2005

[最終更新日]2005/12/03

2005/12/03

 今年の新語・流行語大賞は、武部幹事長の「小泉劇場」とホリエモンの「想定内(外)」に決まった。

 武部さんのはどうでもいいとして、「想定内」は平凡なようで実はなかなか深い言葉である。

 日本人はこの「想定」の部分がかなり苦手で、一大事が起きた時、「想定外だった」とその場しのぎする。実は想定が甘いだけである。JR西日本は尼崎の事故の後、すぐに「置き石だった」と発表した。違ってたらどれだけ叩かれるかも想定できない人たちが、事故を想定するのはそもそも無理があるのだ。

 競馬のコンセプトは、まさに想定である。主催者は伝統的にこれが苦手で、すぐに変更になるとは思うが、来年度もヘタな番組を組んでいる。いっそ棋士かオセロ名人をスタッフに加えたほうがいいんじゃないか。

 などと、展開の想定が甘くてヤラレ続けてるボクが言っても何の説得力もないんだけど。