競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2005

[最終更新日]2005/11/19

2005/11/19

 「定年ジョッキー」という本がアールズ出版から出た。名馬ハシハーミットやダイユウサクを育てた元調教師・内藤繁春さんによる内幕本で、うちの弟子・田辺大介が構成を担当したものだ。

 調教師を定年退職した内藤師が、70歳の身で、定年のない騎手試験に敢然と挑んだ際の裏話が笑える。再び馬にむち打つ夢を実現すべく、まず己の老骨にむち打ったのだ。生涯一ホースマンを貫かんとしたその生き方が格好よく、師の体験談が馬券戦術にもかなり役立つ本でオススメである。

 今の若者はすぐ転職先を探すが、転職先より天職先を探すべきだろう。「とりあえず食うていかな」という発想だけで職に就き、そこでまた「とりあえず食うていかな」という発想で転職先を探す悪循環が、天職に巡り合わせないのだ。

 「とりあえず食うていかな」と馬券を控えめにしているボクが言うのも何だけど。