競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2010

[最終更新日]2015/05/18

2010/12/18
 投票で、今年を表す漢字が「暑」に決まった。そのまんまだ。日本人の民度が低いとは思わないが、遊び心と発想力に乏しいのは明白である。だいいち、来年が今年より暑くならない保証がないのだ。
 ボクは北沢防衛大臣と同意見で、今年は「島」だと思う。尖閣にヨンピョン、北方領土問題も再浮上した。「島」がモメ事の原因になり、戦争の火種になることを改めて痛感した年であった。「島」がダメなら「裁」であろう。裁判員制度が始まり、裁く側の検察官が裁かれた年である。競馬でも裁決の問題がクローズアップされたしね。
 1年の馬券戦線を振り返り、漢字で表す習慣をつけて来年につなげるという案はどうだろう。ボクの場合、今年は「罠」。荒れそうに見せかけて実は荒れないという「罠」に掛かり続けた1年であった。次が、3連単の軸馬が合って相手が抜ける「抜」。他では、迷、惨、悶、倒、死、等々。マイナスイメージの漢字ばかりが並ぶのは、例年通りである。