競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2010

[最終更新日]2010/10/23

2010/10/23
 出馬表の右上にWマークを入れる習慣がついた。WANA(罠)の頭文字である。
 伝統的に堅いとか、少頭数とか、そういうレースはいいのだ。荒れないので、当初から手を出さないからである。
 問題は、多頭数の短距離戦とか、牝馬限定戦とか、いかにも「これは荒れまっせえ」と言っておきながら、終わってみれば本命戦というやつだ。タチの悪いレースで、これが「罠」なのである。
 百万馬券の期待が持てるレースにしか手を出さなくなってから、嗅覚が鋭くなった。罠に気づきやすくなったのだ。
 秋華賞の場合、アパパネがトライアルで負けてややこしくなったが、いかにも本番で巻き返すスティルインラブのパターンだろと冷めた眼で見ると、罠と認識できる。Wマークを点灯させた。
 点灯させたのに、気がつくとシコタマ馬券を買って玉砕してるのは、人間には、分析力と衝動抑制力が同時に備わらないことを示しているのだ。たぶん菊も罠だろう。それがどうした。