競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2010

[最終更新日]2010/10/02

2010/10/02
 木曜日は矢野の引退試合を見に、甲子園に駆けつけた。セレモニーでは「お疲れさん、ありがとう」と叫ぶ。八木の引退試合の時も甲子園で泣いたが、また泣けてきた。
 試合のほうは藤川で大逆転負け。信じられん。横浜の4番・村田のせいだ。矢野のためにも、あそこは凡退するのが大人の行いだろう。なのに、よりによって3ランを打ちやがった。そしてだ、横浜を代表して矢野に花束を渡しよった。場内、失笑の嵐。花なんか要らんから、三振くれよ。
 もし、今年一番空気が読めなかった人物を選ぶ「KY大賞」があったとしたら、満場一致で村田である。猛省を促したいと思う。
 確かに今、「空気が読めるヤツ」が少なくなった。場を白けさせてしまう輩が多すぎるのだ。競馬の世界もしかり。ここで俺さえブッ飛んだら大穴馬券になって盛り上がるぞ…ぐらいの計算もできん騎手が多くて困る。先週でもそうだ…いや、私憤と誤解されそうなのでやめとく。