競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2010

[最終更新日]2010/09/25

2010/09/25
 大阪地検の検事による証拠改ざん事件は、ここ数年で一番驚き、かつ一番怒り心頭に発した事件だ。また、逮捕した検事を取り調べるのが検事だというのが笑わせよる。これでは組織犯罪を揉み消しよるに決まってるだろ。
 ともかく、検事は正義の味方、まさに最後の砦だと信じていたのに、こんな話は論外である。
 仮にボクが当たり馬券偽造の容疑で逮捕され、その日の馬券50枚(買いすぎだけど)を証拠品として丸ごと押収されたとして、偽造したのは1枚だけなのに、知らぬ間に偽造馬券が50枚になっていたようなものである。
 しかも、2万馬券を100円だけセコく偽造したものを、勝手に200万馬券を1万円偽造した悪質犯にでっち上げられるかも知れんのだ。いいや、そのまま換金しよるかも知れんゾ。こいつらだったらやりかねん。
 こんな発想が浮かぶのも、1カ所だけ数字を貼り替えれば富豪になるようなハズレ馬券を山ほど持っているからだ。ほんまに偽造したろか。