競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2010

[最終更新日]2010/05/29

2010/05/29

 オークスは真っ先に切った2頭の同着であった。大外枠だし絶好のカモだと思ったわけだが、絶好のカモは自分なのであった。

  ど~も、いかん。何がいかんて、荒れると踏んでシコタマ突っ込んだレースに限って全然荒れないのである。レース仕分けが甘いんだろう。

 「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」というのが、先週発表されたサラリーマン川柳の最優秀作品だ。見事である。これをパロって、「仕分け人 荒れるレースも 仕分けてよ」なんてどう?

 かつて競馬番組で「ホ―スマン川柳」という視聴者参加コ―ナーを企画したことがある。今も憶えているのは、「POG ボクのサンデーだけ 走らない」という作品で、共感できて涙した。

 本紙でも募集し、もっとも泣ける作品に馬券プレゼントすればいいと思 う。サンプルとして、とりあえずボクの実話川柳を2作ほど。

  「ハズレ券で トランプ作り エコ博打」

  「社長だが 学生バイトに 金借りた」