競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/12/27


 今年も最終週に突入である。とは言っても来週にはもう金杯が行われるんだが、やっぱりどこか節目で収支の帳尻を合わすのがバクチ打ちというものだ。

 負け分を「観戦料と思えば安いもの」などという人もいるが、当然そんなのは負け犬の遠吠えであり、「今さら焼け石に水」などと思うのも間違いである。最後の最後まで、プラスに転じる馬券を買うべきだ。

 なぜ毎年、こういう展開になるのかはまあ置いといて、去年はそんな意気込みが通じて有馬記念でマツリダ軸の3連単を当て(抜け目も押さえた)、一発でトントンにした。3連単がある今は1週、いや、1クラで取り返せることが立証できたので、負け組の方はあきらめないように。

 また、競馬の負けは競馬で取り返さないとケタクソ悪いので、今日負けても有馬、有馬で負けても最終、最終で負けても公営と戦い抜きたい。

 宝くじに走るヒマがあれば、本線が入れば1億円になる馬券を有馬で買おう。それで毎年、後悔するんだけど。