競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/11/01


 麻生総理がカップめん1個は400円かと言った。以前にも書いたが、このオヤジに庶民感覚がないのは分かりきっていることである。生まれながらの大金持ちなんだから。

 しかし、勉強はするべきだ。カップめんの値段も知らん人に庶民生活を語る資格はなく、日本一貧乏な一家に最低1ヵ月はプチ留学させて研修させるべきだろう。

 女性の番記者が庶民とかけ離れた食生活に詰め寄っていたが、この女もトンチンカンだ。金持ちが金を使うから世の中に循環するのである。総理個人はホテルのバーで飲めばいいのだ。

 だいたい、日本の金持ちは金を使わんすぎる。年金問題などが騒がれているが、高齢者=金銭苦とは限らんぞ。日本には金持ってる年寄りがどんだけ多いか。振り込め詐欺被害の多くが高齢者なのがいい証拠である。

 株が壊滅状態の今、JRAの大チャンス。来年は「金持ち競馬」をキャッチに、金持ちに埋蔵金を吐き出させ、われわれ庶民に還元させよう。