競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/08/23


 北京五輪も佳境に入ったところで、今回は中国で人気のカジノゲーム「大小」必勝法。

 サイコロ3つの出た目合計が、9以下なら「小」、それ以上なら「大」。地元の人はオッズ2倍なら勝負と思っているらしく、どちらかにドカッと張る。

 そんなアホな賭けをしないボクは、マカオの大小で別の勝負に出た。3つの目をズバリ当てれば30倍、そこへ「446」などゾロ目が混じれば50倍である。ところがチンチロリンの感覚から、ゾロ目が混じることはよくある。よって、張るのは50倍の個所だけでよい。

 ボクが116を当てて大儲けした時、446、556と来て、直前が446であった。4と5と6(「大」ばっかり)が連発している時、116には誰も張らない。しかし、実は6のサイコロは跳ねるだけで転がっておらず、ゾロ目を示す残りの2個が同じ回転をしていると読めば、116は十分ある(転がる時はフタで隠されている)。

 アテモノではないのだ。競馬と違って。