競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/05/31

2008/05/31

 相撲界が「品格」「品格」と言って騒いでいる。「国家の品格」や「女性の品格」という本がブレークしたから影響を受けてるのかどうか知らんが、笑ってしまうのである。

 力士がマゲを結ってるのでテイストは和風だが、どう見ても相撲は格闘技だ。立ち会いの変化もOKなら、しばきに足蹴り、引き技と何でもアリ。これのどこに品格があるというのか?

 救いは行司さんの装束と立ち居振る舞いぐらいのもんで、親方は竹刀やビール瓶で弟子に制裁を加えるわ、力士は毛むくじゃらのおケツ丸出しやわ・・・。これほど品格のない競技はなかろうが。ボクなんか、横綱に若い女性を斡旋していたタニマチまで知ってるぞ。

 そこへ品格のない顔したおばさんとか前NHK会長らに「品格」「品格」と声を荒らげられても、むしろ逆効果だ。

 人間、無理をしないことである。今週は競馬の祭典。皆で下品な馬券オヤジ丸出しでダミ声張り上げ、スカッとしようではないか。