競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/03/29

2008/03/29

よく見たら今年のJRAのCMは久々にユニークである。

 もう十数年も前、ノムさんが競馬場で相棒の本木に向かって「データに頼っちゃいかんというデータもある」と指導するCMがセンス抜群で史上1位だったが(勝手に決めた)、今年の作品はそれに匹敵するでき映えである。

 一流企業の幹部ふうの佐藤浩市が「CLUB KEIBA」のはり紙を見つけたときのナレーション。「出世もした。満足している。でも、彼は出会ってしまった」。

 最高である。競馬があなたの地位も名誉も損ない、破滅の道へといざなうことを示唆しているかのようだ。これは、たばこのパッケージに「喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます」と書かれているのと似たような構図である。

 入門には相当な覚悟が要るよと告げてくれているのだ。JRAって意外に良心的だったのね。

 まだ迷ってる方、どんどん競馬にのめり込むように。共に破滅への道を歩もうではないか。