競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2008

[最終更新日]2008/01/12

2008/01/12

 最近、救急病院をタライ回しにされて患者が死亡する例が多く、実に痛々しい。実はボク、去年は2回も救急車に乗ったのである。1回目は事務所の女の子が倒れて気を失い、同乗。2回目は嫁サンが目まいを起こして自転車ごと転倒してケガを負い、同乗。同乗ばっかりである。

 タライ回しのたびにシステムの問題が議論されるが、同乗のプロとして言わせてもらうと、一番の問題だと思うのは救急隊員である。

 どんなマニュアルなのか知らんが、連絡の仕方が落ち着きすぎなのだ。あれでは、病院側に緊迫感が伝わらない。嫁サンの時は運悪く祝日だったが、頭から血を流しているのに1軒目は断りやがった。かなり焦ったのである。「死にかけとんねんっ。ごちゃごちゃ言うてんと対応せぇっ」と怒鳴るべきだろう(横からそう言ってやろうかとマジで思ったのだ)。

 こんな対応では、近い将来、1000万馬券を当てても安心して気絶もできないのである。