競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2007

[最終更新日]2007/12/15

2007/12/15

数年前、スポーツH紙に競馬コラムを書いている内藤裕敬とボクが深夜ラジオでしゃべっていた頃、ゲストに弁護士を招き、少年法について語ろうということになった(ボクらはホントは社会派なのだ)。その弁護士は若くて論点が明快で、好感の持てる人だった。

 当時構成していた「ワイドABC」で少年法を特集する際、ボクはこの弁護士をプロデューサーに強く推薦し、彼を初めてテレビに担ぎ出した。

 番組のレギュラーだったデーブ・スペクターと意気投合した彼は、デーブによって東京の番組に引っ張り出され、そこから大ブレークする。

 その彼こそが、大阪の知事選に出馬を表明した橋下徹弁護士である。ウソと違いまっせ。

 選挙だからどうなるか分からんが、人間の運命なんて、ちょっとしたことがきっかけだ。

「また1着・2着・4着かい」と同じボヤキをくり返しては家族を悲しませているボクにも、誰かきっかけちょうだい。