競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2007

[最終更新日]2007/11/17

2007/11/17

 元・西鉄ライオンズの稲尾和久さんが急逝された。泣けてくる。

 生涯の通算防御率が1.98。先発投手としては鬼のような数字であり、シーズン最多の42勝という記録も、今ではありえない。

 「神様・仏様・稲尾様」は、日本シリーズで巨人相手に4連投4連勝してチームを逆転優勝に導いた時に生まれた。文句なしのフレーズだ。

 昔、バラエティー番組にゲスト出演された時、YES・NOインタビューのコーナーで、「たとえ娘でも、しつける時はその鉄腕でしばく」というボクが考えた設問に「イエス」と答え、熱い子育て論を語られたことを思いだす。

 稲尾さんにとっては、今のプロ野球はもちろんのこと、社会も教育も、何もかもが甘っちょろく映ったことだろう。

 ボクはあの鉄腕に触れさせてもらってから、もう怖いもんなしである。馬券でも、やられたところで何ぼのもんじゃい・・・と思えてしまうのだ。幸か不幸か・・・。