競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2007

[最終更新日]2007/10/13

2007/10/13

 月曜(8日)の京都最終レースは弱い500万下の6ハロン戦に18頭立て。どう考えても100万馬券になるレースであった。自信など全然ないくせに、「100万馬券になる」という理由だけで参戦するのは、どう考えてもアホである。ところが、アホなのよね、ボクって。

 穴馬3頭を選んで3連単の192点張り。100万狙いのわりに少ないが、何せ、自信がないのだ。結果は3・17・15番人気の順に入ってハズレ、実に407万馬券である。2着馬は絶対に買えん。

  ボクの場合、100万馬券を狙ったレースは、だいたい100万馬券になるのである。予想はさえているのだ。ちょっと馬を間違えるだけである。それでも100万の出現が予想できるんなら、全部買っても損しないじゃないかと、いつも後で気づくのだ。あのレースでも48万9600円使って全部買っても、350万儲かる。

  そう説明し、明日、48万貸してくれと嫁サンに頼んでみたいと思う。殺されるの覚悟で。