競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2007

[最終更新日]2007/04/28

2007/04/28

 往年の名騎手たちが集い、レースをする初の試み、ジョッキーマスターズはなかなかのイベントであった。

 ボクもファンとしてはベテランの域に達しているだけに、中野栄治や根本康広が出てきたのは実に面白かった。メリーナイスでの落馬は強烈な記憶であり、「根本、落ちるなよっ」というオールドファンの野次が的確で笑えた。

 元騎手の内藤繁春さんは70歳で調教師を定年退職し、また騎手に戻ろうとして競馬会に制止された(「定年ジョッキー」という本に詳しい)。このエピソードから分かるのは、体力の衰えは当然あるものの、彼らにとっては馬は車のようなものであり、何歳でも乗れるということである。

 今回逃げた元名騎手たちも、次は出場して場を盛り上げてもらいたい。これぞファンへの恩返しであり、当たらん予想なんか売ってる場合ではなかろう。予想はボクに任せておけばいいのだ。先週も当たったしね。超久々に…。