競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2007

[最終更新日]2007/01/27

2007/01/27

 今、日本中で地下カジノ摘発の動きが盛んである。日本にもあるのね、結構。ボクの場合、わざわざソウルまで行って打ってるんだが、家宅捜索された難波の店を知っていたら、通い詰めて逮捕されていたかも。

 昨年、マカオのカジノが売り上げ8400億を記録し、ついにベガスを抜いたんだと。9割以上は中国大陸からの客だそうである。チャイナ・マネー、恐るべしだ。かくしてマカオの税収の7割は賭博税。日本も早く合法化して、国の借金なんか中国の人たちに払ってもらったらいいのにグズグズすんなよと思う。そこで馬券も買えるようにすれば、博打コロガシなんかもできて何もかも平和である。

 摘発された難波の店が恐ろしかったのは、金貸しの美女軍団が一角を陣取っていて、現金なしでもチップを張れるシステムが確立されていたことだ。もし競馬場でこれをやられた場合、その一角に近づかない自信がないのである。