競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

競馬コラムニスト・北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2005

[最終更新日]2005/01/09

2005/01/09

 「お~い、原稿、原稿」。本誌・橋本忠記者から催促の電話である。正月日程がややこしく、うっかりこの原稿を出し忘れていたのだ。

 折しも、昨日推奨したギンガハーバーが故障で競走を中止し、前走まで買っていたミルフィオリが見放した途端に来てしまって29万馬券を逸し、昨日推奨したエーピースピリットがアホ乗りで壊滅して3タテを食らい、馬券ボロボロ。そろそろ寝込もうかと寝間着に着替えようとした矢先の電話であり、タイミング抜群!今、横で万葉Sがスタートした。こんな状態で原稿など書けるわけがなく、ましてや馬名のダジャレなど考える余裕などあるわけがない。トホホ…なのである。

 「負け方」というのはバクチ打ちの美学であると思う。先の3タテは、負け方が悪すぎる。今年こそ「格好いい散り方」を追求し、潔いバクチ人生に邁進したいものだ。どうせ負けるんだから。