競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2012/11/18
 政治がここまで凋落したのは、ボクの記憶にない。言うた言わんの低次元な意地の張り合いで、いきなり解散とは。しかも、比例定数の是正が争点の一つだったりして、ほんま呆れるのだ。
 そもそも比例そのものが憲法違反であると、ボクは確信している。せっかく「民意」が落選させてやった政治家どもが、「比例の名簿順位」などという理由によってまさにゾンビのごとく復活して社会を混乱させた挙げ句、「私は民意で選ばれた」などと大ウソをほざいて胸を張ることがまかり通る制度である。要るわけがない。真剣に身を切る覚悟なら、比例を廃止してみろと言いたい。
 選挙区から当選したらしたで、「国民に選ばれた」などと、また威張りよる。たかが県民に選ばれただけのくせに、ウソをつくなよ。
 もう政治家などというアホな生き物どもには、馬券を買わせるしかなかろう。上位人気馬、つまり「票数の多い者」が必ずしも強いのではないということを思い知らせるためである。どうせ勝てないんだから、歳費の3割は馬券に突っ込んでボロ負けし、国民に還元しろ。身を切ったと初めて認めてやるぞ。