競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/05/15

2014/01/26

 楽天マー君の行き先がヤンキースに決まったようだ。何だ、結局そうなるのかと、ガックリである。どこへ行こうとマー君を応援する気持ちは変わらないが、できれば田舎のオンボロチームが彼を得て、一気に浮上するサマが見たかった。金がモノを言うスポーツはつまらない。

 推定年俸、7年で161億円。年収に換算すると、約23億円である。年収460万の平均的サラリーマンがこの額を稼ぐには、500年かかる。日々精進して健康に気を配り、欲を捨て煩悩を捨て、仙人の暮らしを真似たとしても、そこまで生きることは到底、不可能である。

 WIN5で最高額を当てるとは、言わば変化球を織り交ぜてストライクゾーンを広く使い、ド真ん中(馬券の中心となる人気馬)を避けて大波乱馬券を炸裂させることを意味する。しかし、この高度かつ緻密な「技術報酬」2億円を、彼はほぼ1カ月で稼ぐのだ。投球術と予想術をハカリに掛けたとて何の意味もないが、これほど落差があるのは納得いかぬ。

 ま、ごちゃごちゃ比較するヒマがあれば、まず当ててみろという話なんだけど。