競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/05/15

2014/01/19

 やっぱり間違いは潔く訂正するべきである。JRA賞の話だ。

 昨年の年度代表馬は、海外を含むGⅠ4勝のロードカナロアである。2位のオルフェーブルに140票の大差。となると最優秀4歳以上牡馬も同馬になるはずだが、何とオルフェのほうだった。ほぼ100人の記者が、4歳以上牡馬部門でオルフェに乗り換えている。

 1年を代表する活躍をしたのは昨年5歳のロードだが、4歳以上でもっとも優秀なのはロードじゃないというわけだ。これはもう日本語の間違いであり、どんな解釈も通用しない。関係者に質問したが、明確な回答は得られなかった。

 当たり前だが、代表馬が古馬だった時、4歳以上牡馬が別の馬になった例は過去に1度もない。前例のないことをするなとは言わない。しかし、「迷った時は山分け」という悪しき前例は、今後の言い訳になる。「歴史のページ作り」という重責を担う280人の委員は、説明できる投票をするべきである。

 ついでに、3冠の勝ち馬も天皇賞馬もJCホースも不在のグランプリなど、もういらん。堂々と出て圧勝したオルフェには特別賞がふさわしい。