競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2013/08/25

 今どきの若いモンの流行には嘆かわしいものが多々あって、そこがオッサンだと言われれば、その通りである。ただ、こちとら格好いいオッサンだと思っているので、自分の趣味や行動に何を言われようが、微動だにせん。だから、彼らの流行にも口は出さないのだ。

 しかし、これだけは言うぞ。バイト先の飲食店で冷蔵庫の中に入った写真をネットを通じて見てもらうのが流行とは、嘆かわしいにも程がある。非常識なわりに軟弱で、つまらん写真ばかり。つまり、見せ場ナシだ。どうせ入るんなら、アナコンダの檻にでも潜入して格闘してみろ。若いんなら、もっと決死の思いでやれと言いたい。

 堂々とUPしたいのなら、一番のオススメは、払い戻しの高額窓口で帯封を受け取っている瞬間をパチリと撮った写真である。格好いいじゃないか。ボクは必ずすいている平日に行き、秘書に撮ってもらっていて、結構笑える(警備員さんにも一緒に写ってもらいたいが、よく断られる)。

 2億円の札束でピラミッドを作り、その上でガッツポーズする写真をUPしてやるので、若者どもよ、待っとけ。いつになるか約束できんけど。