競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2013/08/04

 今週、阿倍野の夏祭りで、当たりクジのないくじ引きで客から金をだまし取ったとして、夜店の露天商が逮捕された。

 クジは60番から100番までが当たりで、それ以下はハズレ。プレステなどの人気ゲーム機が当たるとうたっていたが、実際には59番までのクジしか入れていなかったのだ。1回300円のクジに1万円以上突っ込んでハズし続けたマジメな客がいて、不審に思って警察に駆け込んだらしい。

 しかしこれ、夜店の露店に限った話じゃないかも知れんぞ。WIN5だって、2億当てた人が実在するのか、その証拠がないのだ。当てた本人が名乗り出ないので、「何でこんな馬買えるねん」という問いにも、誰も答えてくれない。胴元が密室で「3人当てたことにして1億ほどキャリーオーバーさせとけば、来週は客が増えるやろ」などと仕込んでいないとも限らん。いや、仕込んでるに違いないのだ。そしてボクみたいな優柔不断でお人好しで、負けず嫌いのええ格好しいの、意志が弱くておだてにも弱い連中をダマくらかしているのだ…などと考える、こんなネガティヴ人間に成り下がってしまうほど当たらんぞ、WIN5!