競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2013/01/05

 賀正。今年もさらっと読み流してもらいたい。
 年末のWIN5予想は散々のボロボロで、ほんま申しわけない。自分自身もボロボロになってるので許してねと言いたいところだが、実はここだけの話、中山の最終レース、ハッピーエンドCで130倍の馬単を1点で的中させ、えげつなく払い戻して再生した。このしぶとさで、今年は何とかしたいと思う。
 さて、年末年始は何をしたかと言うと、女子大生を梅田にパラパラと集め、ボク主催のヨーロッパ古典映画鑑賞ツアー。ドストエフスキーの「白夜」を観せて喫茶店でトーク会を開いたところ、一同、「意味わかりませんでしたぁ」だと。胸が締めつけられるような恋愛映画で会心の選択だと自負したのに、まるでやり甲斐ナシだ。ケーキだけバコバコ食われてさっぱりである。
 年明けも、たまっていた学生たちの原稿を採点するという超マジメな人生。96人分の600字原稿を3テーマ分、読んでみなはれ。倒れまっせ。
 というわけで、若者のために必死のボクに、競馬の神さんも必ず微笑んでくれることだろう。ほんま今年はええ加減、微笑みなはれや、神さん。