競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2012/12/23

 衆院選に有馬記念と投票ばっかりで疲れるが、この2つは国民の義務なので仕方がない。頑張るしかないだろう。
 選挙で痛快だったのは民主離党組が小選挙区で1勝70敗とボロ負けしよったことだ。勝ったのは小沢一郎だけで、本当にしぶとい狸だが、他の70人は日本未来の党などという烏合の衆が仕組んだ罠にハマったりして大惨敗。国民をナメた輩には厳しい審判が下った。
 不満なのは、前にも書いたように比例復活組がいることであり、これを民意とは言わない。それでも国政に携わるというのなら、「復活組」と書かれた名札か、ゾンビのお面を常時着用するのが筋というものだろう。
 そういうわけで、有馬記念は「鞍替え」した馬が惨敗すると言いたいところだが、関係ないだろう。金環日食から「ゴールド」とか、なでしこのユニフォームから「ブル―」とか、尖閣諸島に船がウヨウヨいるから「シップ」とかいろいろ言われるが、どれも冴えんのだ。マツリダゴッホが勝った年なんかどう説明するのかと思いきや、鳥インフルエンザの流行で咳が出て、「ゴッホ、ゴッホ」だったらしい。知るかよっ。