競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「実録 二億円事件簿」

[最終更新日]2015/06/16

2012/12/02
 先週のWIN5は、1発目の東京9Rで18番人気のヤマニンウイスカーが勝ち、何のこっちゃという感じでいきなり全滅である。つまらんっ。
 あの馬をあとで調べたが、オープンに上がってから秒単位で負け続け、府中にもマイル戦にも連対すらなし。買い目はまったくない。3歳時、ボクが菊花賞で軸馬の1頭に指名した馬だが、それがどうしたというのだ。
 単勝397倍。当てたのは500人に1人と誰も買っていない馬だが、それでもWIN5の票数を見て驚く。のべ1万3574人の馬券師が生き残ったのだ。
 比率的には単勝と似たようなものだが、おまかせシステムもあるとは言え、あの馬をこれだけの人がWIN5に取り込んでいることに驚く。なかには、1発目だし荒れそうなレースだからと、総流しして一番おいしいのを引っ掛けた人もいるはずである。
 やっぱり億狙いって、それぐらいの準備が必要なんだなと思い直すいい機会だったし、とにかく気合いが入ったのだ。
 最後まで残ってオルフェーブルなら持っていた人は、今ごろ病院であろう。死者が出るのも時間の問題のような気が…。