競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/02/11

 分かった、今頃。WIN5を1個だけ外すという中途半端な結果が続いている理由は、中途半端な点数を購入しているからである。

 そこで最近は、思い切り多点張りする日と、その10分の1ぐらいで我慢する日を隔週で分けているのだ。名づけて「大潮・小潮作戦」。実際に大潮と小潮がほぼ2週スパンで巡ってくることから命名したのである。

 先々週は大潮デーで、いつもの3人チームで960点張りし、別個に月イチ参戦の8人チームを立ち上げてそこで810点張りし、いつもの弟子チームで360点張りの計2130点買い、一発目のレースを全チームで外して倒れた。アホだ。

 経験された方も多いと思うが、この馬券は一発目で外すとあとが退屈で仕方ない。そこで「地獄の沙汰も3連単」ということわざを信じ、残りのレースで3連単を買って惨敗、傷口を広げて重傷を負うわけである。

 今週は大潮デー。覚悟はできている。一発目で外しても、別の馬券を買い足さないという覚悟である。こんなネガティヴ人間に誰がした。