競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/09/08
代表に細野を担ぎ出そうとした民主党にはあきれて物も言えん。「顔」だけで国民が投票すると思っているのである。これを恐れた自民も自民だ。お前ら全員、馬に顔でも踏まれて出直せと言いたい。

 細野に対し、「今は自分の職責に専念したいと言え。なぜなら、君の職責は国民が一番注視している『復興』だからである。そのほうが断然、株が上がり、最後に笑えることぐらい、気づけよ。モナと不倫するぐらいの平凡で軽薄な君では、気づかんか。ならばいっそ、水前寺清子あたりと不倫して根性見せろよ」という手紙を用意していたが(読んでくれるかどうか知らんが)、どうやら気づきよったようだ。

 水前寺清子で思い出したが、彼女の歌に「三歩進んで二歩下がる~」というのがあった。政治家こそ肝に銘じるべき名言である。焦るなよ、お前ら。損して得取れっ。

 参考にボクの馬券を見ろよ。毎週毎週、損ばっかりしてるが、得を取る手段として、わざと負けているのである。素人とは次元が違うのだ。