競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/09/01

 先週、WIN5をまたまた超ニアピンで外してしまい、まだ立ち直っていない。

 3人で集まって各自が各レースに3頭ずつ勝ち馬候補を出し合ったのだが、その中に3800万の正解があったのである。しかも、1発目のニンジャ、2発目のシルクドリーマー(ともに7番人気)などの穴馬には2票ずつ入り、3~5発目も的中。

 なのに、だ。票が重なった2発目のシルクを、小倉の1発目をたくさん買ったあおりで、最後の最後に切ってしまったのである。昨秋、天皇賞で2票入ったトーセンジョーダンを最後に切り、1億6千万をスルリと逃がして以来のダブル・フォールトだ。もう死ぬ。

 フシギなもので、当日より実感が湧く翌日が一番苦しく、ゲロ吐いた。

 それでも昨日、また3人で反省会。第三者委員会(競馬誌の編集長ら)に外れた買い目表をFAXし、どうすれば獲れていたかを検証させて、報告書まで出させての大騒動である。皆、災難だ。

 競馬のせいで、ボクは既にゾンビである。何度も生き返ってやる。