競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/05/12

 石原知事が尖閣諸島を買うと言ってから、無人島を売りに出している不動産会社が活気づいているらしい。

 実は無人島はたくさん売られていて、ボクは磯釣り好きなのでずっと気に掛けていた。何と言っても征服感が魅力であり、男のロマンだ。

 山口県の沖鍋島と片島が2千万と安いが、いかんせん、遠すぎる。和歌山県白浜沖の小鞠山島は近くていいが、こちらは1億5千万と高すぎる。そこで狙いは三重県の丸島。ボクがかつて番組で紹介したことがある島だが、当時は4千万以上したものが、今は2900万と値崩れ中。これなら何とかなりそうである。

 もちろん、何とかなりそうというのはWIN5が炸裂した場合であり、炸裂、炸裂とイメージして穴馬ばかり狙うと、4発当てておきながら最後にカレンブラックヒルを叩き切って556万を獲り逃がすという失態を演じることになる(涙)。

 さっさと当てて馬券の生涯収支をプラス確定させた後、さっさと島を買い、そこに住んで馬券が買えない状況を作る。それが一番だ。