競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/04/21

 先週の日曜は、競馬番組の司会などで活躍する、しましまんず池山の結婚披露宴に出席した。宴は4時半から難波であり、皆で難波場外で皐月賞を見て、十分間に合った。彼の気配りであろうか?

 池山は若く見えるが、46歳である。お相手は美人行政書士で、実に18も年下だ。勝手にせえ。

 新婦の友人が大勢来ていたが、当たり前だが、皆、若い。対する新郎側は、吉本のおっさん、おばはんタレントばっかりだ。結婚式と葬式でいつも顔を合わす、毎度おなじみの面々である。

 実はボク、彼が相手方の父に結婚を申し込みにいく日の直前に、一緒にテレビに出ていた。その番組を録画したDVDを持参して見てもらうという彼を、制止したのだ。それが競馬番組だったからで、お父さんは田舎に住む堅気の人だし、競馬で破談になったら大変だと考えたからである。

 ボクがその立場になったら、門前払いを食らわすか、ぶん殴る。娘の相手に馬券好きは許さんのだ。家族に貧しい思いをさせるのは、お父さん一人で十分でござる。