競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2012年

[最終更新日]2015/05/18

2012/03/31

 センバツ高校野球が大詰めを迎えていておもしろい。毎年いろんなプレーに感動するんだが、今年は一選手の言葉に感動し、思わずメモしてしまった。

 高崎のキャプテン・金子君。高崎高校と言えば中曽根、福田と2人の総理を輩出した群馬一の進学校だが、その金子君いわく「勉強することが野球につながるんです。勉強と野球が一緒になってこそだと思います」。

 言えます、これ? 今どき、まぶしいほどの好青年だ。息子にほしいのである。「勉強なんて、社会で何の役に立つ?」などと、したり顔で開き直ってるヤツに、恥を知れと言いたい。

 かく言うボクも、進学校の出である。同じクラスのO君は、京大に入った。阪大にも2人。ボクはと言えば、阿倍野の雀荘に3年間通い詰めて右人差し指にパイダコを作り、よりによって受験を控えた年に、馬券に染まって転落人生である。何がグリーングラスだ。何がメジロファントムだ。青春返せっ。

 金子君、君が競馬に出会わないことを、陰ながら祈っています。