競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2011年

[最終更新日]2015/05/18

2011/11/12

 前回、WIN5で1億6千万を超ニアピンで獲り逃がして倒れた話を書いたが、我々チ―ム・Kの3人はちゃんと起き上がった。たくましいのである。

 前回の反省は、チームメイトが人気薄の勝ち馬を推奨したのに、それを「要らない」と言って足を引っ張ったヤツがいたことだ(ボクだけど)。つまり、魚を一度マナ板の上に載せたのに、捨ててしまったことに罰が当たったわけである。

 ならばと、先週からは魚を多く載せないことにした。一尾も余らせないようにしたわけである。それを実現する方法は、レース担当制。3人の得意分野を洗い直し、芝ダート、クラス、距離、競馬場という4つの切り口で仕分けて担当表を作った。完成に8時間を要したが、人間、大金を寸前で逃すとこうなることが分かった。ヘコまず、逆に燃えるのである。

 ボクは千四までのすべてのレースとローカルを担当。3人とも担当レースを当て、晴れて1万3720円をゲットした。苦労が報われ、見事にトリガミである。もう、死んでやるっ。