競馬コラムニストの競馬コラム アーカイブ

北野義則の競馬コラム「地獄の沙汰も3連単」2011年

[最終更新日]2015/05/18

2011/10/29

 馬券でボロ儲けし、ティッシュのように札ビラで鼻をかんでやりたいと思ったことはある。しかし、本当に金とティッシュを同じように扱った男がいて、それがティッシュ会社の御曹司とは。

 とにかく驚いたことがたくさんあって、まず、彼に100億使わせるほどティッシュ会社は儲かるんだということだ。ムカムカするので、今後はやたら鼻をかまずに吸い込むことにする。

 次に、いくら創業者一族の命令だからって、重役たちが言いなりになって金を渡していたこと。

 次に、保有株を処理するなどして金を返すと言っているが、返せるんだということ。

 一番驚くのは、こんなコントみたいなアホぼんが今もって存在するという事実だ。

 カジノで数十億スッていたというからまたムカつく。同じカジノ好きでも、カードひと勝負に千円上乗せしようかどうかで真剣に悩むボクの立場がないではないか。ボクだって社長なのに。

 特別背任を企んでも、会社には背任する金もないのだ。ミジメ。