「カルト・ヨーロッパ48」カテゴリーアーカイブ

ヨーロッパ・カルト・ムービー厳選48作

es<エス>

[最終更新日]2015/10/02

es<エス>  オリヴァー・ヒルシュビーゲル カルト ヨーロッパes<エス>
Das Experiment / Oliver Hirschbiegel

2001/ドイツ

監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル

 

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

 

 

心理実験を目的とする模擬刑務所で、看守と囚人に振り分けられた20人の男たちの狂気の日々を綴った、まさに狂気のサイコ・スリラー。人間のぎりぎりの心理状態を伝えて緊迫感十分。

エルミタージュ幻想

[最終更新日]2015/10/02

エルミタージュ幻想 アレクサンドル・ソクーロフ エルミタージュ幻想
Russian Ark / Aleksandr Sokurov

2002/ロシア他

監督:アレクサンドル・ソクーロフ

 

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

 

 

エルミタージュ美術館の中だけで繰り広げられるロシアの近代史。ワンカットで全編96分を撮り上げている前代未聞、驚愕の作品である。

オテサーネク / 妄想の子供

[最終更新日]2015/10/02

 オテサーネク /妄想の子供 ヤン・シュヴァンクマイエル オテサーネク / 妄想の子供
Otesanek / Jan Svankmajer

2000/チェコ

監督:ヤン・シュヴァンクマイエル

 

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

 

 

子供がいない夫婦が手に入れた木の切り株が、人間の子供のように食べ物を欲しがり、ムクムクと怪物に成長、夫婦が住むアパートの住人を食べ尽くすというグロテスクでシュールな「人形劇」。

 

オルフェの遺言

[最終更新日]2015/10/02

オルフェの遺言 ジャン・ コクトー オルフェの遺言
Le Testament D’orphee / Jean Cocteau

1960/フランス

監督:ジャン・ コクトー

 

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

コクトー 自身が扮する詩人が、時間と空間を無視して現代から古代までをさまよう狂気の映画。フィルムの逆回しなど映像トリックは見モノだが、 コクトー の思い上がり映画とも言える。

オーケストラ・リハーサル

[最終更新日]2015/10/02

オーケストラ・リハーサル / フェデリコ・フェリーニ
オーケストラ・リハーサル
Prova D’orchestra / Federico Fellini

1978/イタリア他

監督:フェデリコ・フェリーニ

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

寺院の礼拝堂の中でオーケストラの一団がリハーサルをする、ただそれだけの映画。カメラが一歩も外へ出ない強烈な社会風刺劇。

[最終更新日]2015/10/02

鏡 アンドレイ・ タルコフスキー

Zerkalo / Andrei Tarkovsky

1975/ロシア

監督:アンドレイ ・ タルコフスキー

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

 

 
 

タルコフスキー が、自伝的な心象風景を独自の水と火をモチーフにして綴ったイメージ映像の渦。難解だが美しい映像詩に魅き込まれてしまう。

カラマリ・ユニオン

[最終更新日]2015/10/02

 カラマリ・ユニオン アキ・カウリスマキ
カラマリ・ユニオン
Calamari Union / Aki Kaurismaki

1985/フィンランド

監督:アキ・カウリスマキ

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

食堂に集まった15人のサングラス男たちが、スラム街を脱出して約束の地へ向かう道中で次々脱落していくという、シュールなコメディ。 街を出る理由が不明で、15人の男全員がフランクという名前であることも全く不明の、狂気の映画。

 

カリギュラ

[最終更新日]2015/10/02

カリギュラ ティント・ブラス
カリギュラ
Caligula / Tinto Brass

1980/イタリア・アメリカ

監督:ティント・ブラス

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

 

 

アメリカのペントハウス誌が初めて製作に乗り出したポルノ歴史大作。 カリギュラ 役のマルコム・マクダウェルほか役者陣が一流で、 セット、美術、衣装も超一流の「ポルノ」である。脚本がヘタで、演出のティント・ブラスが相変わらず低調だが、一見の価値あり。

 

グレバン蝋美術館

[最終更新日]2015/10/02

Le Musee Grevin /Jacques Demy  Jean Masson

1958/フランス

監督:ジャック・ドゥミ/ジャン・マッソン

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

男の夢の中で蝋人形館が現れ、人形たちが、自分のモデルとなった人物を探し出すべくパリの街をさまようという狂気の短編映画。 フランスの大詩人であり映画監督のジャン・コクトーが、ふざけた役回りを演じていて実に興味深い。

グレースと公爵

[最終更新日]2015/10/05

グレースと公爵 エリック・ロメール
グレースと公爵
L’ anglaise Et Le Duc / Eric Rohmer

2001/フランス

監督:エリック・ロメール

作品採点 ★★★★★★★★★★
カルト度 ★★★★★★★★★★

油絵に実写の人物をCGで重ね合わせるという全くの新技法で見せた歴史ドラマ。とにかく映像の美しさに圧倒され、CGものでは群を抜く。